東京2020大会で人気急上昇!スケートボードのよくある疑問を解説します!

このサイトでは東京オリンピックで人気が急上昇したスケートボードのよくある疑問について、誰でも分かりやすいように丁寧に解説をしていきます。
トラックを変えることで曲がり具合などの操作性などが変化をする面白いポイントもありますから、そのようなことついても説明をしていきますから、実際に挑戦をしてみたい人にも役立つ情報が手に入れられる筈です。
面白いだけでなく怪我がしやすいスポーツという側面もあるので、そのような部分も解説します。

東京2020大会で人気急上昇!スケートボードのよくある疑問を解説します!

スケートボードは東京オリンピックなども影響して人気が高まっていますが、実際にやる前に疑問を解決したい人も少なくないと考えられます。
スケートボードを合法的に滑ることができる場所は何処なのか気になるかもしれませんが、スケートパークを使用することで安心して遊ぶことができます。
普通の公園などでも禁止にされていなければ楽しむことはできますが、危険な行為などをすると禁止にされてしまうことがあるので注意が必要です。

スケートボードの正しい乗り方とは?

東京オリンピックでの日本人選手の活躍を見て自分もスケートボードを始めてみたいと考える人は多くいて、ブームの様な熱い注目を集めるスポーツとなっています。
ただスケートボードは基本的にコンクリートなど固い地面の上で楽しむスポーツで、基礎を正しく理解しないと思わぬ怪我の原因となる場合があります。
有名スケーターとなるといとも簡単にボードを乗りこなしているので、初心者でも簡単に乗れると思われる方もいるかもしれませんが初心者のうちはバランスを取る事さえ難しいです。
まずは左右の足の、どちらを前にすると乗りやすいかを考えます。
前足が左側の場合レギュラースタンスで、右足が前の場合はグーフィースタンスと呼びます。
怪我をしない為に乗り方にも順序があって、どちらかのスタンスの前足をノーズ側に置いてから後ろの足で地面を蹴るように前に進みます。
降りる時は反対に、テール側に乗せた足から降りることを徹底します。
始めたばかりの人はまずはボードの上で、スタンスを取る練習から始めて慣れるまでは何度も繰り返し練習する事をおすすめします。

スケートボードはどうやって持ち運ぶのが正解?

スケートボードはそこまで大きい物ではありません。
そのため、必要以上に持ち運ぶのも注意することはないでしょう。
しかし縦に長さはあるため、そのまま持って移動する際には周りの人に当たることも考えられます。
子供にぶつかって怪我を負わせたら大変ですので、よく注意してください。
スケートボード専用のリュックやバッグが最近は作られています。
リュックサックの場合は荷物を入れるポケット以外に、専用のアジャスター金具が付いていて、そこにスケボーを固定することができます。
固定してしまえば両手が使えるため、買い物などでも便利です また飲食店に入った際にも、リュックに付いていれば置きっぱなしで回りのお客様の邪魔にもなりません。
バッグはスケートボードがすっぽり入る大きさで作られています。
普段の移動の際以外にも、飛行機やバスといった旅行の際にも使い勝手が良くなっています。
周りに迷惑を掛けずに持ち運ぶのも大切ですが、自分自身の大切なスケートボードを守る対策も必要でしょう。

スケートボードを長持ちさせる方法とは?

若い人を中心に人気の高くなっているスケートボードですが、練習を繰り返しているとデッキのテール側が削れてきて定期的にデッキを替える必要が出てきます。
しかし一般的にデッキにかかる費用は1枚1万円ほどするので、できるだけ長持ちさせたいと考える方も多いようです。
そこでスケートボードを長持ちさせる方法として取り入れられているのが、テール部分が削れてきたなを感じたら市販されている木工パテを使用して修復させる方法があります。
使用方法は、パテを付属のヘラで付着させたら、1日おいて乾かし最後にヤスリで形を綺麗に整えることで完成です。
木工パテは木製品の補修材となるので弾きなども、補修後は違和感を感じないという声は多いです。
他にはテールブレーキをやめることも1つの方法であり、デッキの消耗が激しい行為なのでパワースライドを利用してブレーキングするテクニックを身につけることもテール部分が削れて、消耗してしまうのを防ぐことが出来ます。

スケートボードのウィールは重要な役割を担っている

昨年夏の東京オリンピックでパークとストリート2種目共に日本人選手が大活躍して、スケートボードへの注目度は高まっていて自分も始めたいと考える人も増えています。
バランスを取り高難度のトリックを決める為に、まずはボードの各部の名称や役割について理解しておくことをおすすめします。
ボードの板の部分はデッキと呼ばれていて、ここに乗り体重移動をスムーズにしながら加速させたり方向転換をしたりします。
加速する為に重要なのが車輪の部分で、ここはウィールと呼ばれています。
2つの種類があり走ることに特化したクルーザータイプのものと、主にトリックを行う際に作られた硬めのハードタイプに分かれます。
サイズによっても安定性やスピードに差が出てくるので、自分のスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。
また滑る場所によって適した硬さもあり、初心者の場合はスケートボードショップの店員さんに相談をすると自分に合った商品選びをサポートしてくれます。

スケートボードに関する情報サイト
スケートボードの疑問

このサイトでは東京オリンピックで人気が急上昇したスケートボードのよくある疑問について、誰でも分かりやすいように丁寧に解説をしていきます。トラックを変えることで曲がり具合などの操作性などが変化をする面白いポイントもありますから、そのようなことついても説明をしていきますから、実際に挑戦をしてみたい人にも役立つ情報が手に入れられる筈です。面白いだけでなく怪我がしやすいスポーツという側面もあるので、そのような部分も解説します。

Search